当社について

綿半のリニューアル

1983年に既存の屋根を剥がさない改修工法「WKカバー工法」の開発・施工を開始。
以来、製造業企業様の工場を主軸に、数多くの屋根・外装の改修工事を手掛けてまいりました。
私たちは建物外装の改修工事を通して、施設環境におけるお困りごとを解決し、
お客様の生産性向上に貢献できることを目指しています。

こんなことでお困りではありませんか?

老朽化が進み雨漏りしている

雨漏りを放置しておくと製品や機械に被害を及ぼし、さらには建物の劣化を引き起こす原因になります。

綿半の「WKカバー工法」雨漏りを止めて施設を守り、安心な作業環境を実現します。

写真

集中豪雨があると漏水してしまう

近年多発しているゲリラ豪雨。短時間に大量の雨が降るため、既存の樋がオーバーフローし、建物内が水浸しになる恐れがあります。

綿半の「バイパス樋」なら建物を守ります。

写真

夏、暑くて作業効率が落ちる

断熱性が乏しい建物は外気温の影響を受けやすく、特に夏場は作業員の熱中症や作業効率の低下を招いてしまいます。

綿半の「WKカバー工法」なら快適な作業環境を実現できます。

写真

建物をきれいにしたい

老朽化した建物は企業のイメージを損なってしまいます。

綿半の「WKカバー工法」なら雨漏りや暑さ対策をしながら外装を一新し、美観によるイメージアップを図ります。

写真

このようなお悩みを「WKカバー」が解決します。

メーカーならではの安心サポート

現場調査からご提案、屋根材の製造、施工管理まで弊社で一貫して行います。工事期間中は、お客様のご操業を止めることなく進める改修工法です。

図 お問い合わせから、お引渡しまでの実際の流れ
  • 写真
    無料でお客様の屋根の調査、そしてお客様へのヒアリングを実施し、最適な改修工法をご提案します。
  • 写真
    現場調査に基づいて、改修のご計画範囲の参考図面を作成します。そして、雨量排水の許容値、既存屋根取り付け強度等の計算資料をご提出します。
  • 写真
    改修工事の間、お客様が安心してご操業いただけるよう、事故、漏水、粉塵の発生のない現場管理いたします。

岐阜技術センター

WKカバー工法の屋根材、下地材の成型をはじめ、お客様の新たなご要望にお応えするため、工法の改良、新工法の開発を行っています。
また、当社の立体駐車場事業においても実物大の実験棟での製品の検証や壁面緑化の植物生育試験など、
様々な角度から実証実験を繰り返しています。成型工場内や実験施設をご見学を頂けますので是非お越しください。

  • 写真
    WKカバーの
    加工センター
  • 写真
    加工センター内
     成型
  • 写真
    試験架台での
    施工検証
岐阜技術センター

岐阜県海津市平田町岡501

TEL:0584-67-3980