工場補修が必要な理由とは?補修方法や改修業者の選定ポイントを解説

リード

工場で長期的な経営を続ける場合、定期的な補修が必要です。
経年劣化に加え、ひび割れが発生しているなどの場合は、
工場内部への影響が考えられるためすぐに対応が必要なことも少なくありません。

しかし、工場補修を考えているものの、何をきっかけに補修し始めたらいいのか分からない、
具体的な補修方法や良い改修業者の選び方が分からないといった声も聞かれます。

本記事では、工場補修をする理由や補修方法について解説していきます。
改修業者の選定ポイントを知って、工場補修を進めていきましょう。

工場を補修する理由とは

ここでは、工場を補修する4つの理由とメリットを解説していきます。

  1. 雨漏りによるトラブルを予防できる
    屋根を補修すると、雨漏りによるトラブルを予防可能です。雨漏りになる原因の1つとして、屋根や樋のひび割れ、劣化が挙げられます。過去に修繕したシーリングの切れや飛来物による破損から雨水が侵入することで雨漏りとなることがあります。その他にも、屋根部分の錆びや老朽化が原因となることも少なくありません。

    雨漏りが起きる前に、対策を行うことでトラブルを未然に防ぐことが可能です。
  2. 建物を長持ちさせる
    建物を長持ちさせるためにも補修は重要です。例えば、経年劣化や災害によって屋根や壁にひび割れができたとしましょう。ひび割れは、放置すると建物の内部まで水が浸透するようになります。こうなった場合、補修が大規模になるため、コストも増大してしまいます。

    そうなる前に、対策をすることで建物を長く利用できるようになります。
  3. 建物の印象を良くできる
    工場を補修することで建物の印象を良くできます。例えば、建物の屋根から錆びが出ている・外壁塗装が汚れている場合、製品の質が良かったとしても会社のイメージは良くなりません。場合によっては、周辺住民や取引先から「古びた印象で怖い」「どのような業務を行っているか分からず不安」といった印象を与えてしまうでしょう。

    工場内で働く社員にも建物の印象は大切です。働く場所のイメージが良いほど、働くモチベーションがアップします。
  4. 暑さ対策・省エネ、環境改善、作業環境
    暑さ対策をしたい・工場を省エネ仕様にしたい場合は工場の屋根外壁を断熱化したり、作業環境を改善できます。

    補修によって屋根の遮熱性を高くできれば、夏場の暑さをしのぎやすくなるため、工場内の環境改善につながります。エアコンの効きを良くできれば、熱中症になる可能性も相対的に低くなることから、従業員は快適に業務を行うことができるでしょう。また、会社としてもエアコンを過剰に使わずに済むため、光熱費の削減が可能です。

工場屋根の葺き替え

工場屋根の葺き替え

葺き替えとは、現在の屋根を撤去して新しい屋根を設置する補修方法です。

葺き替えを行う際の注意点

葺き替えを行う屋根が波形スレートの際は、アスベストの飛散による第三者災害に注意、廃棄処分時の適正処理が必要です。アスベストは過去、保温断熱を目的として建築材に使用されていました。しかし、肺線維症や悪性中皮腫の原因になることから、現在では使用が禁止されています。

アスベストは、2004年以前に製造された波板スレートに使用されている可能性があるものの、直ちに問題があるわけではありません。廃棄の際にアスベストが飛び散ったうえで、吸い込んでしまった場合、人体に害を及ぼすことになります。

そのため、波板ストレートの葺き替えの際はアスベストが飛散しないよう、対策をしながら工事が必要です。膨大な撤去費用や期間長期化のリスクがあるため、古い波板スレートから葺き替えをする場合は注意しましょう。

費用相場

葺き替えの費用相場についてみていきましょう。2,000平米程度の切妻屋根の一般的な工場の場合、

1平米あたりの費用目安
波板スレート 2万4千~3万円前後
折板屋根 1万3千~1万8千円前後

求める機能や工事期間などを加味して屋根の種類を選択することが大切です。なお、上記の費用以外に足場代が加算される点は把握しておきましょう。

古い屋根の撤去をしてから新しい屋根を設置しなくてはならないため、他の工法と比較すると期間が長い点に注意が必要です。

工場における塗装補修

塗装補修は、現在の屋根や外壁に対して塗装する補修方法です。塗装補修の種類とタイミング、必要な日数や費用についても知っていきましょう。
注意点としては、塗装前に水による洗浄が必要であり、波形スレートの場合は洗浄水にアスベストが含まれる可能性があるので、洗浄水の処理方法に環境対策が必要な場合があります。

屋根や外壁塗装

屋根や外壁の塗装によって、工場の補修が可能です。また、新しい機能を追加できるメリットがあるため、塗装による以下4つの効果を把握しておきましょう。

  • 防水塗装
  • 防汚塗装
  • 高耐候性塗装
  • 遮熱塗装

大規模な補修をせずとも効果が得られます。例えば、建物の耐用年数が気になる場合は、防水・防汚・高耐候性塗装が適切です。費用を抑えつつ、暑さ対策や省エネなどの効果を実感したい場合は、遮熱塗装が向いています。

工場塗装を検討すべきタイミング、耐久性

工場塗装を検討するタイミングとして、塗装の耐用年数を検討する必要があります。塗装の耐用年数は塗料によって違うものの、長くても10~15年程度で塗装の効果が薄れていくものです。塗装が剥げた場合は見た目が悪くなる、防水などの効果が得られなくなるといったデメリットが発生します。

また、耐用年数はあくまでも目安です。例えば、定期的に清掃しても汚れが落ちない・塗装が剥がれてきていると感じた場合は、塗装を検討しましょう。使用する塗料によって耐久性は変わってくるため、塗料を決める際には、どれくらいの耐久性があるか確認しておくことが大切です。

費用相場

工場塗装に必要な費用相場をみていきましょう。以下は2,000平米程度の切妻屋根の一般的な工場の費用になります。

1平米あたりの費用目安
波板スレート 5千~8千円前後
折板屋根 4千~7千円前後

次に、工場の外壁塗装の費用目安は、1平米3,000円~7,000円程度です。使用する塗料のグレードや工場の広さによって変動します。また、屋根・外壁共に補修作業費用や足場代などは別途必要となります。トラブルを避けるためにも事前の見積もりを依頼しましょう。

塗装場所によっては資材や設備の移動をしなければならないケースも想定されます。そのため、期間や時間に余裕をもって日程を組むとスムーズな塗装が可能となります。

工場におけるカバー改修

カバー改修とは、既設の屋根・外壁に対して、新しい屋根・外壁を覆いかぶせる手法です。ここでは工場におけるカバー改修の特徴やタイミングについてみていきましょう。

屋根や外壁カバー改修

屋根や外壁をカバー改修した場合、工場を稼働させたまま改修できるだけでなく、葺き替えをするより費用が安価、短い期間で工事が終わる手法です。施工後は、屋根や外壁が二重になるため、断熱・防水などの機能面の向上も期待できるでしょう。

加えて、古い屋根を処分しない手法であるため、波板ストレートであってもアスベストの飛散を気にしなくても良くなります。しかし、屋根が重くなるため、建物によっては改修できない可能性がある点に注意が必要です。

カバー改修を検討すべきタイミング、耐久性

カバー改修を検討するタイミングは、断熱性を高めて光熱費を抑えたいと感じたときです。例えば、従業員から暑さに対する苦情を受けた場合などは実際に問題があると想定されます。

加えて、カバー改修は屋根や外壁が二重になるため、断熱性能を高めやすいといえます。

また、雨漏りの心配がある場合は、急な豪雨で建物内に漏水して被害が出る前にカバー工法で改修をするのも有効です。

費用相場

まずは、カバー改修で屋根を施工する場合の費用をみていきます。2,000平米程度の切妻屋根の一般的な工場の場合、足場代が加算されるため、カバー改修をする際は見積もりを依頼することを意識しておきましょう。

1平米あたりの費用目安
波板スレート 8千~1万円前後
折板屋根 5千~8千円前後

改修業者の選定ポイント

改修業者の選定ポイント

工場改修を依頼する業者を選定する際に、気を付けておきたいポイントをみていきましょう。

施工実績や技術力

改修業者を選ぶ際は、施工実績を優先的にみましょう。実績が豊富な業者であれば、安心して任せることができ、質の高い改修工事を提供できます。
特に波形スレートのような高い技術と安全性が求められる改修工事では、実績のある業者を選ばないと第三者を巻き込む事故を起こしかねません。
ホームページで施工事例があるか確認しておきましょう。

また、改修工事の見積りを丁寧に作成する業者を選びましょう。
おおまかな記載では、実施される作業の詳細が分かりにくいことがあります。事前に現地調査をしっかりおこない、適正な工法選定、強度検討、施工計画を提示できる業者が信頼できるといえるでしょう。

まとめ

工場改修を行うことで、見た目が良くなる・省エネができる・建物が長持ちする・雨漏りを予防できるなどのメリットがあります。工場改修の手法には葺き替え・塗装・カバー改修があるものの、特徴が異なるため、目的や予算に応じて決めていくことが大切です。

工場改修を行う効果として、働く社員のモチベーションアップや取引先・近隣住民からの印象改善などが挙げられます。工場補修が必要だと感じた場合、選定ポイントを参考に目的に合わせて業者を選定しましょう。

建物の改修を検討している方は、綿半ソリューションズ株式会社にご相談ください。安心して操業を続けられる改修工法を考え、長年培ったノウハウを基に柔軟な発想でお客様のニーズにあったご提案をいたします。屋根・外装の改修工事は「WKカバー」をご検討ください。

資料請求・お問い合わせはこちら