「WKカバー工法」とは?

スレート屋根の改修なら「WKカバーII型」インダイレクト工法

安定性 安心 断熱性

安全性

経年劣化が進んだスレートは脆くなっており、人の体重が掛ると割れる危険性があります。
インダイレクト工法は、直接スレートに乗らずに、独自のセーフティシートを活用し、定めた作業手順に沿って進める改修工法です。
より安全な改修工事をご提供します。

写真 スレート屋根
スレート屋根
イメージ画像

安心

インダイレクト工法は、既存のフックボルトを利用して取付金具を固定するので、スレートに穴を開けません。
そのため、改修工事の期間に雨が降っても漏水する心配がありません。

イメージ画像 一般工法(直接固定)
一般工法(直接固定)
イメージ画像 インダイレクト(間接)工法
インダイレクト(間接)工法

断熱性

薄いスレート屋根1枚で覆われた工場は、直射日光や外気温の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒い環境です。
WKカバー工法で使用する屋根材は反射効果が高く日射熱の侵入を抑えます。
また、既存屋根との間にできる空気層が断熱効果をもたらします。

イメージ画像 屋根断面
屋根裏面の温度変化
イメージ画像 屋根裏面の温度変化

施工事例

  • 写真 専用セーフシート上での下地材施工
    セーフシート上での
    下地材施工
  • 写真 カバールーフ拭き
    カバールーフ葺き

特殊車両製造工場(神奈川県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

自動車関連工場(愛知県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

造船工場(長崎県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

重量制限の厳しいスレート屋根なら「蘇生工法」

WKカバー工法が施工できない屋根に施工可能なスプレーカバー工法です。
3層の特殊樹脂を吹き付けて表面をシームレスに一体化することで、スレート目地や端部へ隙間風を入り込ませず割れを防止します。
施工前の高圧洗浄の必要がなく、表面を樹脂が覆うためアスベストの飛散を抑えます。

写真

施工事例

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After