屋根修理の「カバー工法」とは?
メリットや費用相場を解説

屋根や外壁修理の工事方法のひとつである「カバー工法」をご存知でしょうか。
本記事では主に工場関係者の方に向けて、工場の屋根修理を行う場合の工事方法や費用、メリット・デメリットをご紹介いたします。

屋根が壊れた際はすぐに修理が必要です。放置しておくと腐食が進み、
雨漏りが発生する恐れもありますので、本記事を参考にして専門業者に依頼をしましょう。

カバー工法とは

カバー工法とは

カバー工法とは、屋根の上から新しく屋根を取り付ける工事方法のこと。既存の屋根を処分する必要がないため、工事費用が比較的安く抑えられる点が特徴です。近年ではコストパフォーマンスの観点から、カバー工法で屋根を改修するケースが増えてきました。

とくにアスベストが含まれた屋根(2004年以前に取り付けられた波形スレート)を設置している場合、屋根の撤去が不要なことから高額な廃棄物処理代を避けられるため、おすすめの工法だと言えます。

カバー工法の費用

カバー工法の費用

カバー工法の工事費用は、1平米あたり下記金額が相場となります。


  • 波形スレート(※1):8,000円〜10,000円前後
  • 折板屋根(※2):5,000円〜8,000円前後

(※1)波形スレート:セメントと繊維を加工した波形の屋根。耐久性と遮音性に優れている一方、表面に土埃が付着しやすいという特徴を持つ。
(※2)折板屋根:ギザギザに加工された金属素材の屋根。設置が容易で工期が短く済む一方で、夏場は室内が高温になり、雨天時には雨音が響きやすいという特徴を持つ。


上記でご紹介した金額はあくまで目安です。実際の費用は工事会社・工事内容・工事時期によって異なるため、詳細は専門業者にお問い合わせください。

カバー工法以外の費用相場

カバー工法以外の費用相場

参考までに、カバー工法以外の工事方法である「塗装」「葺き替え」の費用相場もご紹介いたします。
それぞれ費用やメリット・デメリットが異なりますので、ぜひ参考にしてください。

塗装

塗装工事とは、屋根上の汚れを取り除いた後に、表面の塗料を塗り直すものです。ただ見た目を修復するものではなく、防水や防汚のコーティングを施すなど、屋根を保護する役割も果たします。工事内容としては比較的簡易なため、工事期間が短く、費用も安く抑えられるでしょう。

塗装工事の費用は、1平米あたり下記金額が相場となります。


  • 波形スレート:5,000円〜8,000円前後
  • 折板屋根:4,000円〜7,000円前後

しかし、塗料は天候などの外的要因によっていつか剥がれ落ちてしまうものです。とくに防水コーティングは一般的に10年前後で切れてしまうと言われるため、定期的な工事が必要となるでしょう。

葺き替え

葺き替えとは、既存の屋根を撤去したうえで新しく屋根を設置する工事方法のことです。カバー工法との違いは「既存の屋根を撤去するか否か」にあります。葺き替えの場合、屋根の撤去・処分費用はかかりますが、屋根材の下までメンテナンスできるほか、イメージを一新できるため、ご予算に余裕がある場合はおすすめです。

葺き替えの工事費用は、1平米あたり下記金額が相場となります。


  • 波形スレート:24,000円〜30,000円前後
  • 折板屋根:13,000円〜18,000円前後

アスベストが含まれる屋根(2004年以前に取り付けられた波形スレート)の場合は注意が必要です。取り扱うことができる専門業者が限られているほか、廃棄物処理代が高額になる恐れもあります。屋根の撤去が不要なカバー工法を検討することをおすすめします。

カバー工法のメリット

カバー工法のメリット

カバー工法には、工事費用が安く抑えられるほかにもメリットがあります。
本記事ではとくに工場の屋根修理を想定して、そのメリットをご紹介いたします。

稼働を止めずに工事できる

屋根が設置された状態で工事を進められるため、工場の稼働を止める必要はありません。室内の機械や製品を移動させる必要もないため、通常通りの稼働を維持できます。また、落下物が発生するリスクもないため、安心安全に工事を任せられるでしょう。

工期が短く済む

屋根の撤去工事や養生の必要がないため、短期間で工事を終えられます。工事中はどうしても工事音などで近隣住民に迷惑をかけてしまうため、できるだけ工期を短くすませたい工場関係者の方におすすめです。

防音性や防水性が高まる

工場の場合、雨漏りは火災や感電などのリスクに繋がります。カバー工法で屋根を二重にすることで防水性を高められるでしょう。とくに近年では、国内で集中豪雨が多発しているため、雨漏りのリスクが減ることは大きなメリットだと考えられます。また、二重にすると雨音も響きにくくなるため防音性も高められるでしょう。

カバー工法のデメリット

カバー工法のデメリット

カバー工法は工事費用や耐久性の面でメリットがある一方、デメリットも存在します。

屋根が重くなる

屋根が二重になる分だけ重くなります。そのため耐震性能は低下する可能性があるでしょう。建物によっては工事自体が不可能なケースもあります。

しかし工事をする場合は、事前に耐震構造に問題がないことを確認してから行います。もちろん屋根が軽いほうが地震に強いと考えられますが、カバー工法だからと言って心配をする必要はないでしょう。

工事できる専門業者が少ない

カバー工法は板金工による工事が必要です。瓦葺工や塗装工に比べてその人数は少なく、専門業者に依頼をしても、時期によっては数ヶ月ほど待たされる可能性もあるでしょう。また、専門業者のなかには不当に価格を釣り上げてくる会社もあります。価格の相場観を把握するためにも、複数社から相見積をとったうえで発注先を決めましょう。工事レベルに問題がある専門業者も存在するため、必ず事前に公式ホームページなどを参考にして、実績を確認することをおすすめします。

カバー工法の耐用年数

カバー工法の耐用年数

カバー工法の耐用年数は約20年だと言われます。しかし、カバー工法を提供する弊社(綿半ソリューションズ)が20年以上前に施工した工場で、屋根・ビス・断熱材の健全性調査を行ったところ、強度は十分に担保されておりました。技術力の高い専門業者に工事を依頼すれば、長期間に渡り安全にご利用いただけるでしょう。

カバー工法なら綿半ソリューションズがおすすめ

カバー工法なら綿半ソリューションズがおすすめ

工場の屋根でカバー工法を実施したい場合は綿半ソリューションズがおすすめです。
北海道から沖縄まで、全国各地の工場で工事を行ってきました。過去の施工数量は600万㎡以上で、自動車・航空・電気機器など業種を問わず、数多くの製造業様の工事を行っています。s 生産施設の屋根改修工事の実績は、全国トップクラスと言っても過言ではありません。


とくにカバー工法の歴史は約40年。独自の開発施設「綿半技術センター」で工法の改良を行っており、他社には負けない技術力を誇ります。外装に穴を開けない「インダイレクト工法」を用いて、粉塵や漏水を防ぎつつ安全に工事を進めさせていただきます。工場内にある設備を移動する必要もなく、稼働を止めずに工事ができるため、従業員や取引先に迷惑をかける心配もありません。

また、集中豪雨対策として「バイパス樋」の設置もご提案しております。屋根上に複数の排水経路を敷くことで、オーバーフローによる漏水を防ぐことが可能です。国内では近年、集中豪雨が多発しているため、事前に対策しておくことを勧めております。

無料で現地調査にも伺いますので、興味がある工場関係者の方はぜひお問い合わせください。

お客様のお困りごとをお聞かせください 当社が無料で調査いたします。

資料請求・お問い合わせはこちら