「WKカバー工法」とは?

ゲリラ豪雨対策に「バイパス樋」(特許取得)

近年、一時的に多くの雨量をもたらす集中豪雨の回数が少しずつ増加しています。
雨樋の排水能力を超える降雨が発生した場合、オーバーフローにより屋内へ漏水してしまうおそれがあります。
予期せぬ集中豪雨は、急な生産活動停止に繋がる危険性があるのです。

その危険の予防策として「バイパス樋」を
ご提案します。

特許第5452954号

写真 オーバーフローの様子
オーバーフローの様子
写真 バイパス樋施工後
バイパス樋施工後

雨水を分散

既存の樋の排水能力を超える集中豪雨に対し、屋根全体で受ける雨水量を分散させるため、
水上側の雨水をバイパス樋で妻側面に迂回させ、谷樋への負担量を減らします。
現状の屋根の大きさ、樋の大きさと数量、地域の降雨量等を確認し、現状の排水能力を把握します。
バイパス樋の許容可否、排水許容値を検証し、設置位置や本数等をご提案します。

既存の屋根面

イメージ画像 既存の屋根面

バイパス樋設置後の屋根面

イメージ画像 バイパス樋設置後の屋根面

施工事例

自動車関連工場
(滋賀県)

写真 施工実績(1)
施工実績(1)

特殊車両製造工場
(神奈川県)

写真 施工実績(2)
施工実績(2)