工場の屋根修理に必要な費用とは?
屋根の種類や工法別に解説

工場の屋根修理を検討している方のなかで、予め費用相場を把握したい方も多いでしょう。
本記事では、屋根の種類や工法別に費用相場を解説するほか、専門業者を選ぶ際のポイントまで解説いたします。
業者に依頼する前にぜひご確認ください。

工場の屋根の種類

工場の屋根の種類

屋根の種類によって修理の方法や費用が異なりますので、まずは屋根の種類を把握しましょう。また、屋根のタイプによってメリット・デメリットが異なりますので、それぞれの特徴を理解したうえでご検討ください。

工場等の屋根の種類は、主に下記3つのいずれかに該当します。

  • 波形スレート
  • 折板屋根
  • 瓦棒葺き屋根

それぞれご紹介いたしますので、ぜひ貴社の屋根と照らし合わせてご確認ください。

波形スレート

波形スレート

波形スレートは、セメントと繊維を混ぜ込んで波形に成形された板のことです。比較的安価な屋根材板で、耐久性・耐火性・遮音性に優れている特徴を持ちます。

一方で、ホコリが付着しやすく汚れやすかったり、金属ボルトが錆びて雨漏りの原因になったりなどのデメリットも挙げられます。また、2004年以前に製造されたものにはアスベストが含まれており、処分時には費用が高くなる可能性も考えられます。

瓦棒葺き屋根

瓦棒葺き屋根

瓦棒葺き屋根は、一定間隔で並べた心木の上から、ガルバリウム鋼板等の金属屋根材をかぶせて固定する方法の屋根です。軽量で、継ぎ目が少なく雨漏りのリスクを軽減できるため、傾斜の緩い屋根に採用されやすいのが特徴です。

一方で、経年劣化により心木が腐食してしまうと金属屋根材を固定する強度が弱まり、破損や飛散の可能性があるため、メンテナンスが必要になる点にも注意が必要です。

折板屋根

折板屋根

折板(せっぱん)屋根は、ガルバリウム鋼板等の金属素材を大きな波型に成形した屋根材を用いて作られます。そのため、軽量ですが強度が比較的高いのが特徴です。また、野地板(屋根の下板地)が不要なため、工事期間が比較的短く済む点も特徴といえます。

一方で、金属製なため夏場は高温になりやすかったり、雨音が響きやすかったりなどのデメリットもあります。また、錆びてしまう可能性もあるため、別途対策やメンテナンスが必要になる点にも注意が必要です。

かつては、工場の屋根には波形スレートが採用されていましたが、最近では折板屋根を採用するケースも増えてきました。波形スレートのうえに折板屋根を重ねるカバー工法も行われています。綿半ソリューションズでもWKカバー工法を実施しており、屋根改修工事実績は全国トップクラスなので、興味のある方は、ぜひこちらの詳細からご確認ください。

工法別の費用相場

工法別の費用相場

工場の屋根を修理する場合、工法に応じて費用相場は異なります。主に下記3つの工法が用いられるので、それぞれ特徴や費用相場を把握しておきましょう。

  • 塗装工事
  • カバー工法
  • 葺き替え

※こちらでご紹介するのはあくまで"目安”となる相場で、実際には工事会社・工事規模・工事時期によって変動しますので、参考までにご確認ください。

塗装工事

塗装工事は屋根の汚れを除去したうえで上から塗料をぬる方法です。比較的軽度な修理のため、工事期間が短く、費用も抑えられる傾向にあります。

ただ見た目を直すだけではなく、防水・防汚コーティングを施すなど、建物を改めて保護する役割も果たします。一般的には10年前後で防水機能が切れてしまうと言われるため、定期的にメンテナンスが必要になるでしょう。

  • 1平米あたりの費用相場
  • 波板スレート:5,000円〜8,000円前後
  • 折板屋根:4,000円〜7,000円前後

カバー工法

カバー工法は今ある屋根のうえに新しく屋根を重ねる方法のことです。屋根を処分する必要がないため、その分だけ費用を安く抑えることができます。工事後には屋根が二重になるため断熱性や防水性が高まると考えられるでしょう。

また、2004年以前に製造された波板スレートの屋根でもアスベストを飛散させることなく改修できるため、その点は大きなメリットといえます。ただしカバー工法では屋根が重くなるため、建物によっては工事不可な場合もある点にご注意ください。

  • 1平米あたりの費用相場
  • 波板スレート:8,000円〜10,000円前後
  • 折板屋根:5,000円〜8,000円前後

葺き替え

葺き替えは、既存の屋根を撤去した後に新しく屋根を取り付ける方法です。屋根ごと替えることから耐用年数が高まるメリットがある一方で、既存の屋根の撤去や処分にかかる費用が高くなる傾向にあります。

また、2004年以前に製造された波板スレートの屋根を撤去する場合には、アスベストの飛散を防ぐために別途対策が必要となるため、さらに費用がかさむ可能性もあります。工事を依頼する場合には必ず相見積をとってから検討しましょう。

  • 1平米あたりの費用相場
  • 波板スレート:24,000円〜30,000円前後
  • 折板屋根:13,000円〜18,000円前後

工場の屋根修理で業者を選ぶポイント

工場の屋根修理で業者を選ぶポイント

専門業者を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。なかには悪質な業者も存在するため、少なくともこれからご紹介する2つのポイントだけは確認するようにしましょう。

建築業許可証の有無を確認する

建築業法上、施工価格が500万円以上になる場合には建築業許可証が必要となります。屋根が大きい工場の場合には建築業許可証を持つ専門業者に依頼する必要がありますし、そうでない場合でも公的機関からの証明を受けているのは信頼に値しますので、参考までに確認すると良いでしょう。

過去の実績から選ぶ

屋根修理は高度な技術を伴います。そのため会社の歴史が長く、屋根修理において高い実績を挙げている業者を選んだほうが無難です。とくに屋根修理の成否は工場の運営にも関わることです。手違いが起きて工事期間が伸びたり、修理で不手際が生じて雨漏りが起きたりなどといった失敗を少しでも避けるためにも、実績のある業者を選びましょう。

工場の屋根修理なら綿半ソリューションズ

工場の屋根修理なら綿半ソリューションズ

工場の屋根のお困りごとなら、綿半ソリューションズがおすすめです。お客様のご要望にお応えするために、常に工法の改良や新しい工法の開発を行っています。本記事でご紹介したカバー工法(WKカバー工法)も、1983年の施工開始以来、総施工面積600万㎡以上の実績を有しています。今まで積み上げてきた経験と技術をもとに、お客様に適切な屋根修理をご提供いたします。

操業を止めずに修理できる

綿半ソリューションズのWKカバー工法であれば、工場内部にある設備を移動させる必要もないため、工事期間中でも操業を止めることなく修理が可能です。また、屋根に穴を開けないインダイレクト工法を採用しており、工事中でも漏水が起こる心配もございません。

さまざまな種類の屋根に対応

綿半ソリューションズでは「スレート」「折板」「瓦棒葺」など、さまざまな種類の屋根に対応しています。修理のBefore/After画像は下記の通りです。いずれの屋根でも過去多くの修理を経験しており、安心してお任せいただけます。

スレート

特殊車両製造工場(神奈川県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

折板

自動車関連工場(神奈川県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

瓦棒葺

染加工工場(福井県)

  • 写真 Before
    Before
  • 写真 After
    After

WKカバー工法で漏水を防げる

近年では異常気象が叫ばれており、例年「集中豪雨」が各所にて発生しています。一時的に雨量が増すとオーバーフローによって屋内へ漏水してしまう危険がありますので、事後に対応するのではなく、事前に対策しておくのがおすすめです。

綿半ソリューションズでは、集中豪雨対策として「バイパス樋」をご提案しております。バイパス樋を設置することで、集中豪雨時でも排水が分散されるため、従来の雨樋に負担がかかりづらく、漏水を防止することが可能です。

既に特許を取得した技術ですので、自信を持ってご提供いたします。興味がある方はぜひ資料請求もしくはお問い合わせをしてみてください。

お客様のお困りごとをお聞かせください 当社が無料で調査いたします。

資料請求・お問い合わせはこちら