工場が暑すぎる!7つの暑さ対策グッズや
根本的な解決方法まで解説

工場の節電アイデアが思いつかずに悩んでいる方も多いでしょう。
工場は面積が広いので、節電に成功すれば大幅な光熱費の削減につながります。
当記事では個人レベルでできる節電・省エネアイデアから、根本的な解決方法まで詳しくお伝えします。

「工場の良い節電アイデアが浮かばない」
「広い工場の電力を削減したい」
「上司から節電するよう言われて困っている」

このように悩んでいませんか?
広い工場はその規模のせいでかなり電気代が高額になるため、少しでも節電したいと考える方は多いでしょう。
当記事では、工場の節電アイデア8選と節電以外の省エネ対策を紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

工場の節電アイデア8選

工場の節電アイデア8選

節電したいがどうしたらいいかわからない、とお困りの方のために、ここでは工場の節電アイデア8選をお伝えします。

● こまめに電気を消す
● 照明をLEDにする
● ビニールカーテンで空調効率を上げる
● 電力使用量を監視する装置を導入する
● 空調の設定温度を見直す
● 太陽光発電・蓄電池の導入
● 老朽化した機器の入れ替え
● 屋根や外壁の断熱・遮熱工事をする

個人で簡単にできるレベルの省エネ対策から工場全体で取り組む根本的な対策まで、幅広く紹介します。1つずつ見ていきましょう。

こまめに電気を消す

こまめに電気を消せば無駄な電力消費を抑えられます。
広い工場の電気を必要な分だけ使用する意識を持つだけで、年間数十万円の電気代削減につながります。
たとえば昼休みに全員が食堂に移動するとき、照明と設備の電源を落としてから移動するなど、ルールを決めておきましょう。
日々の積み重ねが大きな成果につながるため、コツコツ続けることが大切です。

照明をLEDにする

照明をLEDに変更する方法も効果的です。
60Wの白熱灯をLEDに変えるだけで、約85%の節電効果が見込めます。
LEDは赤外線や紫外線を放射しないため、光による商品の変色・退色を防ぐ効果もあります。
電球の寿命も伸びるので交換頻度も減り、費用も手間も削減できます。

ビニールカーテンで空調効率を上げる

ビニールカーテンで空調効率を上げる方法もあります。
広い工場をビニールカーテンで区切って、必要なところにだけ空調が行き届くようにすれば、空調効率が上がります。
コストが安く、手軽に取り組みやすいのもこの施策の魅力的な点です。
階段まわりに設置することで、冷気や暖気が上の階に逃げにくくなる効果も期待できます。

電力使用量を監視する装置を導入する

電力使用量を監視する装置を導入するのも1つの方法です。
電力使用量を可視化すれば、どこで電力を無駄遣いしているか見やすくなります。
使用量を可視化したら、具体的にどこで多く消費しているか見てみましょう。
生産に必要な機器を動かす電力を今すぐに削減することは難しいですが、照明や空調の使用量が多ければ削減の余地があります。

空調の設定温度を見直す

空調の設定温度を見直すことで工場全体の省エネ対策になります。
エアコンの設定温度を1度変えるだけで、暖房は2〜3%、冷房は5〜7%節電できるといわれています。
空調の設定温度は夏は28度、冬は20度にするのが望ましいでしょう。
ただし、従業員の健康が優先なので、節電を気にしすぎて熱中症等の労災を引き起こさないように気をつけてください。

太陽光発電・蓄電池の導入

太陽光発電・蓄電池を導入すれば、一部の電力を自家発電で賄えるようになります。
光熱費の削減と二酸化炭素の削減につながるため、一石二鳥です。
太陽光パネルを屋根に設置することで、直射日光を遮断して遮熱効果も期待できます。
太陽光発電の導入を検討したい方は次の記事も参考にしてみてください。
▶【工場用】太陽光発電のデメリットとは?メリットとあわせて解説

老朽化した機器の入れ替え

老朽化した機器の入れ替えも節電につながります。
老朽化した機器は無駄な電力を消費している可能性が高いからです。
たとえば、エアコンは導入して12年経つと急激に性能が悪くなり、消費電力量が増すというデータがあります。
省エネのために、最新機器に入れ替える選択肢も考えましょう。

屋根や外壁の断熱・遮熱工事をする

屋根や外壁の断熱・遮熱工事をすることで、工場全体の節電につながります。
無駄な熱エネルギーの移動を防ぐことで空調効率が上がるからです。
空調をガンガンかけていても、外から暑さが入ってきていたら、工場内はなかなか涼しくならないでしょう。
空調効率のよい工場にして大幅な節電につなげたいなら、綿半ソリューションズで断熱・遮熱工事を検討してみてはいかがでしょうか。
▶「WKカバー工法」とは?

工場の節電以外の省エネアイデア3選

工場の節電以外の省エネアイデア3選

「工場の省エネができるなら節電ではなくてもいい」という方のために、工場の節電以外の省エネアイデアも改善提案できるように3つ紹介します。

● 空調機器の清掃
● 節水コマや給水タイマーで水の使用量を抑える
● 電気・ガス料金の見直し

省エネ施策を順番に見ていきましょう。

空調機器の清掃

空調機器の清掃を行うと省エネにつながります。
ほこりを被った状態だと、各機器の力が最大化されません。
たとえばエアコンのフィルターが目詰まりしていると、圧力損失が大きくなります。
フィルターをこまめに掃除することで、冷房で約4%、暖房なら約6%の消費電力の削減につながるので、こまめな手入れを心がけましょう。

節水コマや給水タイマーで水の使用量を抑える

節水コマや給水タイマーで水の使用量を抑えれば水道代が抑えられます。
水を使いすぎないよう1人1人が気を配るより確実で効果的です。
たとえば節水コマを蛇口につければ、1分間に最大で約6リットルの節水ができます。
確実に節水したいなら節水コマや給水タイマーの導入を検討しましょう。

電気・ガス料金の見直し

節電ではありませんが、水光熱費を抑えたいなら料金の見直しを行うと費用が抑えられます。
複数の電力会社に相見積もりをとって一番安いところと契約すれば、電気代削減につながります。
面積の大きい工場なら、料金の見直しだけで年間数十万円の削減になることも。
費用を抑える目的で節電を検討しているなら、料金もついでに見直すべきです。

WKカバーでできる工場の節電対策

WKカバーでできる工場の節電対策


綿半ソリューションズで提案できる節電対策として、WKカバー工法を活用した遮熱・断熱工事があります。
屋根に断熱材や遮熱シート等を仕込むことで、工場全体の節電につながります。
たとえば屋根の間に遮熱シートを敷き込んだ例では、屋根の裏面温度が10度以上低くなった改善事例もありました。
根本的な省エネ施策を考えるなら、遮熱・断熱工事を検討することをおすすめします。

根本的な節電対策なら綿半ソリューションズにお任せください

根本的な節電対策なら綿半ソリューションズにお任せください

今回は、個人でできる節電アイデアから、工場全体で行う根本的な対策まで紹介しました。
工場の節電対策を行うなら、思い切って断熱工事を行うなど、根本的な解決を目指すべきです。
ただ「工場の大規模修繕工事を行うと操業がストップするのでは」と心配している方も多いでしょう。
その点、綿半ソリューションズにお任せいただければ工場の操業を止めずに工事できるため安心です。
遮熱・断熱工事なら、綿半ソリューションズにお任せください。
▶「WKカバー工法」とは?

お客様のお困りごとをお聞かせください 当社が無料で調査いたします。

資料請求・お問い合わせはこちら